明石駅前でハンドメイドの作品を販売している雑貨屋です
2017-01-05

花束を長持ちさせるために簡単にできる5つの方法とは ~ラッピングは外すべき?

お祝いなどの席で花束をいただく機会あると思いますが、
そういうお花を家に飾る場合少しでも長持ちさせてお花を楽しみたいですよね。

花束を少しでも長持ちさせるために簡単にできる5つの方法とは

花束は花瓶にいけ直してあげるのが一番です。

1.まず可愛く包装されたラッピングは外しましょう
可愛いから外したくない気持ちはわかるのですが、花のために十分なお水を与えてあげることが必要です。

2.水切りをしてあげましょう
さて、水切りとはなんだろう?と思った方、決して難しいものではございません。
バケツなどにたっぷり水を張ります。そこにお花の茎を漬けてそのまま水中で茎を切ります。
新しい切り口から茎が水を吸い上げます。空気が入らないように必ず水中で切ってくださいね。
切り口を斜めにすると切断した面積がさらに広がってなおいいです。

3.花瓶の水を清潔に保ちましょう
お花は日が経つと、細菌がが増え花の寿命を短くしてしまいます。
花瓶の水は毎日変えてあげるのがベストです。
日にちが経つと茎もぬるっとしてくるので茎も流水で一本づつ洗ってあげるのがいいでしょう。
花瓶も洗ってあげるとなおいいですね。
めんどくさい?そうなんです。
めんどくさいんですが、命あるものがそのまま枯れていくのを見るのもなんだか悲しいんです。

4.エアコンの吹き出し口の近くに花を置かない。

置く場所も大事なんです。暖房でも冷房でも直接風の当たらないところにおいてください。
特に暖房の近くは乾燥もひどいです、温風が当たっていいんじゃないか?なんて思いますが、
枯れるのも早いですし、水の無くなり方もはやいです。

5.延命剤を花瓶に入れる
花を長持ちさせるための液体のお薬があって、それを適量花瓶の中に入れましょう。
延命剤がなかったら、漂白剤や、十円玉などでも代用できます。
どの方法が一番長持ちするのかは以前私が実験したのでご覧ください。

切り花を長持ちさせるという液体の薬「美咲」と10円玉を入れた花は本当に効き目はあるのか試してみた | 造花、フェイクグリーンの配達とレンタル 神戸Kaen~カエン

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。