明石駅前でハンドメイドの作品を販売している雑貨屋です
2017-07-03

梅雨時に咲く薄紫色の涼しげなアガパンサスの花言葉と由来とは?

紫陽花(アジサイ)とともに梅雨時を代表する花としてアガパンサスがあります。
家庭の庭などでもよく植えられている人気の高いお花です。

涼しげに咲く薄紫色のアガパンサスの花の由来とは

ちょっと変わった名前の花があるとなぜこんな名前がついたのだろう?と気になってしまいます。
アガパンサスもそのうちの一つです。
ギリシャ語の「愛らしい」という意味を持つ「アガペ」と「花」という意味を持つ「アントス」
が組み合わさって「アガパンサス」と呼ばれるようになりました。

「愛らしい花」という意味をもつアガパンサスの花言葉は何なのでしょうか?

「恋の訪れ」「恋の季節」「ラブレター」「知的な装い」「恋の季節」「恋の便り」「優しい気持ち」「誠実な愛」

です。やはり恋に ちなんだ花言葉がほとんどですね。

個性的な南国系のオレンジの花「極楽鳥花」(ゴクラクチョウカ)の名前の由来と花言葉

鮮やかな紫色の花、デュランタ宝塚 の名前の由来と花言葉とは

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。