日本ではいつから木の下で花見を楽しむようになったのか?花見文化の歴史について | 造花、フェイクグリーンの配達とレンタル 神戸Kaen~カエン

造花、フェイクグリーンの配達とレンタル 神戸Kaen~カエン

フラワーデザイナー渡辺怜子がお届けします

*

日本ではいつから木の下で花見を楽しむようになったのか?花見文化の歴史について

      2017/01/17

お花見は日本人特有の風習として海外でもよく話題に上がります。
確かに、その時期になるとお弁当を持って桜をみにいく、その風習にも
歴史があったはずですよね。

sakura

sakura

日本人はいつから、なぜお花見をするようになったのでしょうか

お花見の始まりは奈良時代からとされています。

奈良時代には花見はまだ庶民にはひろがっておらず貴族たちが花を見て
歌を詠む会、的なものでした。
しかも桜ではなく梅を見て楽しむ、といったものが花見とされていました。

平安時代にもまだ花見は一般化されていませんでした。
平安時代の当時の書物「古今和歌集」の歌の数を見てもわかるくらい桜を詠んだ歌が増えてきます。
梅よりも圧倒的な人気が出てきました。

鎌倉時代になるとようやく武士や町民たちの間にも浸透して行きました。

貴族時代が終わり武士が支配するようになり各地に広まっていったとされています。

そしてついに江戸時代になると庶民にも花見が浸透しました。

これは有名な八代将軍、徳川吉宗(徳川吉宗)が行った享保の改革の一つです。
隅田川の川沿いにみんなが好きな桜を植えることにより、大勢の人がその場所に
集まり土が踏み固まります。そうすることで川の氾濫を避けれます。
また桜のような広葉樹は根がよく張るので水害対策というわけです。
よく考えられてますね〜。感心します。

sakura

sakura

現在の隅田川の桜をそういう視点から見たくなりますね。
そこに咲いている桜は江戸時代から時代が変化していく様子を知ってるんですよね。
神秘的。
そして今、庶民の私が花見をして楽しめるのは徳川吉宗さんのおかげですね。

 - 花と緑のこと ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

手に付いた松ヤニや樹液を簡単に落とす方法

お正月に松のフラワーアレンジや、庭の手入れなどで樹液が付いて 手がネバネバになる …

5月ごろになると咲く、淡い紫色が美しい藤の花のちょっと怖い花言葉とその由来とは

4月中旬から5月になると咲く藤の花。 あの垂れ下がって咲く姿にほれぼれしますよね …

梅雨時に咲く薄紫色の涼しげなアガパンサスの花言葉と由来とは?

紫陽花(アジサイ)とともに梅雨時を代表する花としてアガパンサスがあります。 家庭 …

花束を長持ちさせるために簡単にできる5つの方法とは ~ラッピングは外すべき?

お祝いなどの席で花束をいただく機会あると思いますが、 そういうお花を家に飾る場合 …

毒があるとされている水仙、もし食べてしまったら?触ってしまったら?

きっと田舎で育ったからだと思うのですが、だいたい水仙がどんな味か?ということは想 …

3月になると咲く白い花、モクレン、コブシ、の違いと見分け方(画像あり)と花言葉。

街路樹のモクレンが綺麗に咲いていました。 都会の #モクレン もとってもきれいに …

牡丹(ぼたん)と芍薬(しゃくやく)の違いの見分け方と花言葉とは

牡丹(ぼたん)と芍薬(しゃくやく)はどちらも開花すると圧倒的な存在感があり思わず …

艶やかな紫の実をつける「紫式部」(ムラサキシキブ)

「紫式部」(ムラサキシキブ)の実です。8月の半ばから11月の半ば頃に実をつけます …

個性的な南国系のオレンジの花「極楽鳥花」(ゴクラクチョウカ)の名前の由来と花言葉

存在感抜群の極楽鳥花(ゴクラクチョウカ)は数本入れるだけでフラワーアレンジがかっ …

フラワードリーム2018 in 東京ビックサイト 「プリザーブドフラワーコンテスト」入選いたしました

フラワードリーム2018 in 東京ビックサイト 「プリザーブドフラワーコンテス …