明石駅前でハンドメイドの作品を販売している雑貨屋です
2017-07-30

ハンドメイド商品を撮影するために、100均の商品だけで撮影ボックスを自作してみた結果!

ネット用の写真を撮影するのにいつも部屋の明るさ調節に苦労していました。
撮影ボックスがあったら。。。。。
調べてみると結構DIYでみなさん作っているようです。
そして意外に簡単そう。ということで

100均で撮影ボックスを自作で作ってみました

まず材料

・画用紙

・ダンボール(家にあったもの)

・模造紙

・LEDライト2個 (これも100均)

ーその他ー
・ハサミ
・両面テープ
・ガムテープ

作り方
①ダンボール上の部分を切り落とします

②弱そうな箇所を補強するためガムテープを貼っていきます
(私は透明なガムテープしかありませんでした。
見えにくいと思いますので貼った箇所を緑色に写真加工しています)

③画用紙を貼っていくのでダンボールの側面に両面テープを貼っていきます

④ 3面に画用紙を貼りました。ダンボールの大きさに合わせて画用紙を切ってください。

⑤残りの一面は模造紙を貼っていきます。
こちらもダンボールの大きさに合わせて模造紙を切ってください。
模造紙は角を付けずに。

⑥LEDライトをつけていきます
挟むだけ

いよいよ点灯〜〜〜!!!

暗!!!!
こ。。。。これは。。。。。。失敗。
ダンボールの天井部分にもう一面つけてボックスにしようと思っていましたが、、、、
わかりやすいようにカーテン閉めて明るさを確認。
暗すぎる。

この三面のまま外で撮影をした方がいいですね。
太陽光の方が明るいです。
しかし、これを持って外に行くのか。。。。大きく作りすぎました。
折りたためない(笑)

結論 撮影ボックスは買った方がいいですね。

楽天などで見ていると安くて、折りたためて、ライトまでついているものもあるようです。

市販のものでもライトの明るさで賛否両論ですね。
今度じっくりレビューを読んで、ライトで失敗しないようにしたいものです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。