明石駅前でハンドメイドの作品を販売している雑貨屋です
2015-10-15

オレンジ、紫、黒などの色を使ってもハロウィンの印象を受けない造花のフラワーアレンジ、その理由とは

結婚式のウェディングブーケのようなイメージで!というご要望で毎月お届けに行っております。今回はオレンジ、紫、黒を使って生けてみました。何か聞き覚えのある色ですね。。。。。そうですハロウィンもこのような色で構成されています。でも、今回のアレンジを見てハロウィンを連想しましたか?? してないですよね!!。。。よね??。。。。
色のトーンが違えば受ける印象も全然変わってくるのです。
ハロウィンははっきりした色合いで元気なイメージをあたえます。今回のブーケのようなアレンジはオレンジのバラは柔らかな感じなのでそれだけで全体の印象が変わってきますね。
色の合わせ方も大切ですがそれと同じくらいトーンの組み合わせも重要なのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。